--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.12.26 12:20

ミュウが旅立ってから1年が経ちました。
未だにミュウの部屋にはあまり入れない私です。そして今でも私を呼ぶ声聴こえています。
最初の3カ月はとにかく泣いてばかりでした。泣くつもりなんてないのに涙がこぼれていたり、ふとミュウのことを思い出して何もないところを撫でる仕草や、ミュウの頭を掴むように撫でる仕草を突然したりしていたので、隣りで見ている夫は正直かなり心配していたみたいです(そりゃそうですよね・・・)
しばらく落ち着いていたはずなのに今月に入ってからまた病院の前を通れば涙が出てきていました。
去年の同じ時期にはミュウの体調のことしか考えてなかったからかもしれませんね。
ここから先は1年前の出来事でとても暗い内容ですので、読み飛ばしてくださってかまいません。




1年前のあの時、救急病院に着いてすぐに処置室に呼ばれました。そこには人間と同じように心拍数とか測る機械に繋がれて心臓マッサージを受けているミュウの姿がありました。マッサージをしながら先生が「この子が蘇生する可能性は極めて低いです。ですが、飼い主さんが続けてくれと言うのならもう少し続けますが・・・どうしますか?」と。
一番恐れてたことが目の前にありました。可能性が0ではないのなら、続けてほしいという気持ちと、そこまでして引き戻すのは単なる私のエゴではないかという気持ちですぐには答えられず泣くことしかできませんでした。
私「・・・確認させてください。心臓が動く可能性は殆どないんですね?」
先生「0ではありませんが・・・1%あるかと言えばそこまではありません」
私「この子の心臓が止まったのは、いつですか?」
先生「ここに来た時にはすでに止まっていました。呼吸ももちろんありませんでしたので、おそらくここに向かう車の中だと思います」
私「車の中では私が抱いていました・・・ってことは私の腕の中で最期を迎えたのでしょうか?」
先生「状態から見たらそう思いますね」
私「・・・わかりました。これ以上は可哀想なので、もう、やめてください」
この一言を口にするのがとても苦しかったです。そのあと先生にお願いしてミュウと2人にしばらくしてもらいました。この時の私は後悔ばかりで泣き叫びながらミュウに謝っていました。
その後、先生たちがミュウを綺麗にしてくれて、連れていった時にくるんでいたショールとタオルでしっかり綺麗にミュウをくるんでくれて泣き崩れている私に「病院に連れて行っていれば・・・と後悔はあるかもしれませんが、そうしたらこの子は病院の檻の中でたったひとりで旅立ったかもしれません。飼い主さんの腕の中で旅立てたのは獣医の私たちから見たら理想的な旅立ち方ですよ」と慰めてくれました。
あの一言があったから、泣くだけ泣いたあと素直に「ミュウ、ありがとう」って思えた気がします。
これが1年前に書けなかったミュウの旅立ちの話でした。
暗い話なので書かずにいようと思っていたのですが、いまだにどこかで引きずっている後悔にけじめをつけたくて書かせていただきました。

これから花を買ってくるつもりです。

いなくなってしまって1年経っても今でも変わらずにミュウが愛しくて愛しくてたまりません。
きっとこれからもずっとずっとミュウは私の特別なんだろうな、と思っています。
スポンサーサイト

| ミュウ | コメント(2) | |

2009.01.08 15:03

さて・・・夫の実家から戻ってきて、ようやく落ち着いてきました。
今日から日記も書こうかな、と思っていた矢先、一通の手紙でやられ・・・今また泣きながらこの日記を打っています。
ミュウが通っていた病院から届いた一通の手紙。
それは「虹の橋」という文章と、ペットをこれから看取る人や亡くした人への注意事項のようなものと一緒にカードが入っておりました。全て手書きで院長先生からも一言。そしてスタッフの方から手書きでびっしりとミュウへのお悔やみが書かれておりました。
うん、本当にいい病院で診てもらえてよかった・・・と心から思いました。
「虹の橋」の話は何となく聞いたことがあったのですが。初めてちゃんと目にしたのでここに書いておきますね。今日は1日泣いてしまいましたが、明日からはまた元気に笑っていようと思います。




天国の一歩手前に『レインボーブリッジ』と呼ばれる場所がある。
生前、大切な人と親しくしていた動物は、死ぬとその場所へ行く。
そこには草地や丘がひろがっていて、
動物たちはみんな仲良く走ったり遊んだりすることができる。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
彼らは暖かく、快適に過ごしている。
病気にかかっていたり、年老いていたりした動物たちは、
ここに来て健康と活力を取り戻し、
傷ついたり不具になったりした動物たちも、
もとどおりの丈夫で健康な体を取り戻す。
過ぎ去りし日の夢の中でのように。

動物たちは幸せに暮らしているけれど、ひとつだけ心残りがある。
それぞれにとって大切な人が、
あとに残してきたその人が一緒にいないのを
寂しく感じているのだ・・・・・

・・・・動物たちは一緒に遊んで時を過ごしている。
しかし、ついにある日、そのうちの一匹が足を止めて遠くに目を向ける。
その目はきらきらと輝き、体はたまりかねたように小刻みに震えはじめる。
突然、彼はみんなから離れて、緑の草原を跳ぶように走っていく。
あなたを見つけたのだ。
とうとう出会えたあなたたちは、抱き合って再会を喜びあう。
もはや二度と別れることはない。
喜びのキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友の頭と体を再び愛撫する。
そして、あなたは信頼にあふれたその瞳をもう一度のぞきこむ。
あなたの人生から長い間姿を消していたが、
心からは一日たりとも消えたことがないその瞳を。

それからあなたたちは一緒に『虹の橋』を渡るのだ。

        (作者不明)



・・・・ミュウ、私がいつかそこに行くまで待っててね。
また会えるなら、それまで私は笑顔で頑張れると思うから。
このカードはミュウに供えておこうと思います。

| ミュウ | コメント(2) | |

2008.12.26 23:59

本日午後10時過ぎにミュウは旅立ちました(涙)
夕方くらいから少し様子がおかしくて、病院に行こうか悩んだのですが、今日は1日雪が降っていたので寒さがミュウの弱った身体にはきついかも・・・と病院に電話をして明日の朝一番でいくことにしました。私もちょっと体調よくなかったし・・・。
その後急変して夜間の救急病院にタクシーで駆けつけましたが、そのタクシーの中で・・・私の腕の中で小さく一息ついて旅立っていきました。キャリーも持ってはいたものの、様子がおかしかったのでショールにくるんで抱いていたのですが、その時はまさか旅立ったとは知らずに呼吸をしてると安心していたんです。・・・が、病院についたときにはすでに心臓は止まっていました。
病院の方たちに綺麗にしてもらって連れて帰ってきました。明日の朝かかりつけの病院に電話して報告とお礼を言うつもりです。
たくさん泣いてしばらくはミュウを抱いて離すことができませんでしたが・・・今はミュウがお気に入りだった場所に寝かせてあります。
何故夕方病院に連れて行かなかったんだろう?とめちゃくちゃ後悔して泣きましたが・・・救急の先生にも「それでももしかしたら病院の檻の中でひっそりと亡くなったかもしれません」と言われ、いっぱい泣いたあとで漸くその言葉が納得できた気がします。確かに病院に連れて行っていたらもう少し生きたかもしれません。でも同じ家の中にいても私が気づかなかった時だったり、入院してたり・・・っていうんじゃなくて、私の腕の中で旅立ってくれたこととても感謝しています。
ミュウ・・・13年以上ありがとう。今年に入ってからずっと病気でつらかったのにここまで頑張ってくれてありがとう。淋しいけれど、これからもずっと愛しているよ。

暗い日記でごめんなさいです。そんな訳ですのでしばらく本当の意味で元気になるまでお休みしますね。多分今年はもう日記書かないと思いますので・・・みなさま、今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。そして・・・みなさま、よいお年を~。

| ミュウ | コメント(0) | |

2008.12.17 20:36

もう数えるのもわからなくなってしまいましたが・・・本日またミュウ入院しました(涙)
日曜くらいからご飯を食べなくなっていて、昨日から元気がなくなってしまいました。お通じは何とか大丈夫だったけど、あまりにご飯に見向きもしなくて元気がないので病院に連れていくと先生が一目見るなり「うわ~・・・毛艶悪いね・・・今まで約1年見てきて一番具合悪そうだね」と・・・。
体重を測ったら4Kgジャストでした。この2週間くらいで500gくらい落ちていて、背骨とかはっきりわかるくらい痩せてました(涙)
採血をしながら話していたのですが、血もちょっとどろどろになっていてかなりの脱水症状がおこっていたみたいでした。「年齢からいっても腎臓悪くなっててもおかしくないんだけどね・・・腎臓じゃないといいな・・・腎臓だったら生涯通院だよ?まあ、腎臓患ってても通院さえしていれば長生きできるかもしれないけど・・・腎臓じゃないといいな~・・・」と先生もぶつぶつ言っていてどんどん不安になっていきました。
血液検査の結果が出るまで待合室で待っていたのですが、その間もミュウはぐったりしていて私が泣きそうでした。
検査の結果腎臓は大丈夫でした。肝臓も元々少し悪くなっていたのですが、全ての検査においてここ最近で急激に悪くなったところはないとのことで・・・。とにかく脱水症状を何とかしないといけないとのことで点滴を受けることにしました。・・・でも普段なら点滴するのに1泊入院なのですが明日病院は休みの日なのです。2泊させる必要はないと悩む先生の前で「こんなに弱ってるのでこのまま連れて帰る方が怖いです。2泊でもかまわないのでお願いします」と頭を下げて頼んできました。病院自体はお休みでも、先生はお休みなしなのですよ・・・・休診の日に手術が必要な子がいれば手術するし、入院している子がけっこういるので面倒みるために病院で過ごしているらしいので先生には申し訳ないけれど、お願いしてきました。
もちろん2泊させれば私のお財布の中身も軽くなってしまうけれど、ミュウの方が大事なので・・・。あんなにぐったりした姿見るくらいなら欲しいもの何かガマンしてでも元気になって欲しいです。
本当はネイルの写真もたまっているし、お友達に頼まれて作ったパワーストーンの話も書きたかったし、バトンもたまっているのですが・・・・今まで放置してきたツケということで(苦笑)
とりあえずミュウが落ち着いたらまた日記書きますね。

| ミュウ | コメント(0) | |

2008.11.27 21:15

昨日ミュウは帰ってきました。いつもなら帰って来ると「わーい♪帰ってきた!」って感じなのですが、今回はちょっと元気がなくて心配です。病院ではバスケットにすでに入った状態で会ったのですが、ちょっとだけ開けて手を入れて「ミュウ?」と声をかけたら威嚇されました(涙)
でも帰ってきたら手に頭をこすりつけて甘えてきたのでそれは安心しましたが・・・。とりあえずミュウのために新しい薬を先生が注文してくれたらしく、それが入荷するまでは今までの下剤をあげて何とかしのぐことになりました。早く元気になって欲しいです。

そして・・・ミュウが帰ってきたと安心して寝ようと思ったら・・・何かがおかしい・・・。よく見たら私の足のワイヤーが片方外れて足の爪から直角にワイヤーがびよ~んと生えてる状態に!!!穴が切れてるわけではなく結び目が解けて出てきちゃったみたいだったのでペンチを使って入れようとしてみたものの、やはり素人ではうまくいかず・・・結局穴を開けたコットンを10枚くらいそこに刺して寝ました。それで今朝夫に送ってもらって病院に行ってきたのですが、こんな状態は珍しいらしく看護師さんたちが集まってきて代わる代わる見学していきました(苦笑)ワイヤー施術の場合ワイヤーの値段が高いので先生も「もったいないからこのワイヤー通し直して使おうね」と言ってくれてやり直してもらってきました。
これで足からワイヤーがびよ~んと生えた状態とはサヨナラでしたが・・・こんなことってあるんだな、とびっくりするやらおかしいやら・・・。

| ミュウ | コメント(2) | |

2008.11.25 21:08

本日、ミュウ3度目の入院です(涙)
昨日くらいから全然食事をしなくなったので連れていきました。
とりあえず浣腸をしてもらい、奥の処置室へ・・・。少し待ったら連れて帰れるだろうと思っていたのですが、先生のお話ではこう頻繁に詰まるようなら手術をしたらどうかということになりました・・・。正直なところ咄嗟に私の心の中には「絶対に嫌!!手術だけはダメ」っていう気持ちが湧き上がりました。でも・・・先生のお話を聞いているうちにどんどん気持ちが揺らぎました。今みたいに時々詰まって麻酔をかけて処置をするっていうのも実はリスクがあるということ。そして手術のリスクはもちろん感染症や腎不全などがあるものの、完治の可能性が高いということ。ミュウにとってのこれからの負担を考えれば手術した方がいいということでした。私はミュウの年齢が気になっていたのですが、それは全然関係ないとのことでした。基本的に外科手術が必要になる子は高齢が多いとのことなので・・・。
お医者さんは厳しいことも言いますが、何よりも動物が大好きというのが伝わってくる先生なので、「今のミュウちゃんにしている処置を何度もするのは私もつらいです」と言われて漸く覚悟を決めました。
待合室で同意書などの手続きを待っている間泣きそうになっていて、何度か名前を呼ばれていたのも気づきませんでした。でも・・・同意書に記入しようとしたら先生が走ってきて「先ほどの浣腸でお腹にたまっていた分は殆ど出ました!なので、今回はそのままにしましょう」と・・・!!
麻酔をかけずに出せるなら負担もそんなに大きくないのと、多分私の様子がおかしかったので心の準備をする時間をくれたのかもしれません。今晩一晩入院させて点滴を受けて明日迎えに行ってきます。下剤も今までのが効かなかったので変更するみたいです。
そして・・・次回また詰まったらその時は手術です。私も本当に覚悟をしなくちゃいけません。ミュウにとって何が一番なのかをじっくり考えようと思ってます。

| ミュウ | コメント(0) | |

2008.11.05 21:00

ミュウが帰ってきました。まず病院に行ったら昨日はものすごく混んでいたのに今日は誰もいない・・・。すぐに呼ばれてまずは先生とお話。
結局3回麻酔を使って処置をしてくれたらしいです。最初の時のように詰まってはいなかったけど、今回は今回でちょっと大変だったみたいです。そしてあれこれの検査結果を聞いていたら今日は帰れないかもしれない・・・と不安になったのですが、「とりあえず今夜から自宅で様子を見てください」とのことだったので少しだけ安心しました。
連れて来られたミュウはまたエリザベスカラーをつけていたので「まさかこのまま連れて帰るの!?」と思ったのですが、やっぱりそんなわけもなく点滴の針を抜いたらカラーもはずしてもらえました。
まずは病院が明日お休みなので金曜に電話で様子を報告してまた来週くらいにでも連れていくことになりそうです。
ミュウをバスケットに入れて会計のとき・・・信じられない金額を見ました(苦笑)初回の入院の時は4泊したのですが、今回は1泊。たいした金額にはならないと思っていたのにたいして変わりませんでした(涙)確かにまあ・・・処置代は同じくらいしますし、前回は1回だけだった麻酔が今回は3回使っていたので仕方ないのかもしれないけど・・・恐ろしい金額に病院で倒れそうになりました(苦笑)
帰ってきてからやることは「身体をタオルで綺麗に拭くこと」「爪を切ること」「点滴を打ったところに絆創膏を貼ったのでそれを剥がすこと」だったのですが・・・。身体を拭くのはクリア。爪を切ろうと思ったらトイレに行きたそうだったのでちょっと断念。そのあとで右足の爪を切っていたのですが、その時からすでに私に向かって威嚇していました。私に威嚇することなんて滅多にないのでちょっとショックだったのですが・・・絆創膏を貼ってある左足の爪を切ろうと左足に触れた瞬間・・・・噛まれました(涙)
見事にガブリとやられ流血です・・・(涙)先生は絆創膏をすぐにはずしてって言ったけど、よく見たら絆創膏に血が滲んでいたので、痛くて触られるのが嫌だったみたいです。帰ってきたばかりでまだ興奮状態だったのもあるだろうと、とりあえず休ませることにしました。少し落ち着いたら薬を飲ませて(それもまたある意味戦いだろうし・・・)絆創膏&爪きりは明日に持ち越そうと思ってます。
とりあえず今週はミュウから目が離せそうにありません・・・・。でも帰ってきてくれただけで嬉しいです。

| ミュウ | コメント(2) | |

2008.11.04 21:42

またしてもミュウ入院です・・・(涙)
週末夫の実家に行く前は普通にご飯も食べてトイレもOKだったのですが、1泊お留守番させていて帰ってきたらご飯が減ってないし、トイレもした形跡がない・・・。ご飯も残り少なかったのでネットで買おうか迷っていたのですが、そろそろ病院に連れて行かないとまた怒られそうだったので(苦笑)今日の夕方連れて行ってきました。
体重は4.6kg。いい感じらしいです。が・・・熱がちょっと高かったのと、痩せたのでお腹触っただけで腸の状態がすぐにわかったらしいのですが、また詰まって固くなってたみたいです。年齢が年齢なので腎臓の検査もしたいということで今日はお預かりということになってしまいました・・・。
明日また夕方迎えに行くのですが、状態によっては帰してもらえるかはわからないそうです・・・(涙)
お金がかかるのは痛いのですが、それでも今通ってる病院の先生は動物に対しての愛情がものすごく深いので大事にしてくれるし、ちょっとでもおかしいところはすぐに気づいてくれるので安心してオマカセできるのですが・・・・やっぱり家にミュウがいないのは淋しいです。
電車で2駅とちょっとの場所なので帰りもしもミュウが一緒だったら普通にタクシー使うから、明日行くときは歩いて行ってみようかな・・・。

週末は夫の弟家族が来ていたので一緒に過ごしてきました。今さらながら日本三景の松島で遊覧船に乗ってきました(笑)昔、子供の頃家族で小さなボートで観光案内してもらったことはあったけど、大きな遊覧船に乗ったのは初めてでした。混んでたけど姪っ子や甥っ子と一緒にかもめにかっぱえびせんあげたりして楽しかったです~。夫は2人からかなり懐かれていて手荒い遊び道具と化していたので今日は首が痛いそうです(苦笑)
かもめの写真とか撮ったけど、今度UPしますね~。・・・今日はミュウのことでちょっと凹んだのでこれで終わりです~(涙)

| ミュウ | コメント(0) | |

2008.08.07 21:52

ミュウは土曜日に病院に連れて行きました。
前回病院で体重測った時は5.6kgだったのですが、今回は4.5kg。
先生が「猫で1kg減るってすごいことなんだよ?何か病気があるのかもしれない・・・」と言うのでビビったのですが・・・いろいろお話していたら私のせいでした・・・(涙)
先生に勧められた処方食。そのあと病院ではなく私はネットで買っていたのですが、どうやらそのせいだったらしいです。先生としては5kgくらいまで体重落としたらちょっと栄養の高い処方食に変えて、またダイエット用の処方食にして・・・とサイクルを考えていたらしいのに、私がそのままダイエット用をあげていたので一気に落ちてしまったらしいです。
原因がわかってしかも落としたかった体重になっていたらしいので結果オーライといわれましたが・・・「くれぐれも勝手に決めるのはやめてください。ネットで購入してもいいからちゃんと電話ででいいから相談してください」と怒られました(汗)
やっぱりミュウは腸に詰まっていたらしく浣腸をしたのですが、半年前よりもかなり軽いとはいえ、いろいろ検査もしたいので一旦お預かりということに。夜、電話をしてそれまでに改善されていれば迎えに行くし、ダメなら診療後に処置をするので一泊入院ということになりました。
というわけでどっちにしても夫の実家に泊まりに行くのは無理ということになりました。
夜になって電話をしたら「もう大丈夫ですよ~」とのことで迎えに行ってきました。やっぱりいくら順調にみえても軽い下剤は続けないとダメみたいです・・・。
お祖母ちゃんのお墓参りは日曜に日帰りで行ってきましたが、私にとってはかなり暑かったので日射病のような状態になってしまいました・・・。本当に私、こんなんじゃ東京とか関西とか住めないだろうなぁ・・・(苦笑)

さて、すでに引き継ぎも始まって夫は昨日から帰ってきてます。しばらくはこっち半分、出張半分って感じになるんだろうなぁ。

| ミュウ | コメント(0) | |

2008.08.01 20:24

ここ最近ミュウはすっかり落ち着いておりました。食欲もあるし、問題のブツもちゃんと出してました。・・・が・・・昨日くらいからまた食欲が落ちてきました。新しいご飯をあげてもぐるぐる言って見てるのですが、食べようとしません。そしてブツも出てないようです(汗)
ん~・・・ってことで明日まで様子を見てダメだったら明日の朝病院に連れていきます。とは言っても明日は夫の実家に泊まりなので先生に相談してみますが・・・・。
せっかく薬もなしで全然問題ないと思っていたのになぁ・・・また通院の日々かと思うとブルーになりますが、元気になって欲しいので頑張ります。

| ミュウ | コメント(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。