--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.03.06 23:59

今まだ動揺しながらの日記なので支離滅裂だったらごめんなさい。
今日は明日父が目の手術をするために両親揃ってこっちに来ていたので午後から会いに行きました。仕事が終わった弟も来て4人で夕飯を食べて弟は電車で、私はタクシーで帰ってきました。

事件というのはタクシーを降りてからでした。マンションのエントランスに入った時、床に赤いものが点々と落ちているのが見えました。それだけなら「誰か怪我したのかな?」とか「塗料かな?」とか思っていただけなのですが・・・郵便受けを開けようと思ったら郵便受けの下の隅のところに血だらけのタオルが丸めて置いてあったのです。
郵便受けを開けるのをやめてそのままエレベーターで早く家に入りたくなってエレベーターの前に向かいました。・・・すると、明らかにエレベーターの前には赤いものを拭き取った跡があったのです・・・。
怖くて怖くて、しかもエレベーターはなかなか降りてこないし・・・どうしようと思っていたらサラリーマンらしき男の人が来ました。その人も不思議そうにしていて。やっと降りてきたエレベーターのカーペットは真っ赤に染まっておりました(涙)2人で「何でしょうね・・・これ」とか「警察に言ったほうがいいのかな?」とかちょっと話してました。結局その人は「帰って家族に何か知ってるか聞いてみる」と言っていたのですが、私は帰ってもミュウしかいないのでわからないな、と。
先に私がエレベーターを降りたので玄関の前でバッグの中から鍵を出しているときにふと見たらエレベーターから血痕(らしきもの)が点々と・・・「まさかこの階の人!?」と焦った私ですが、すぐあとにもっと焦ることが待ってました。その点々としたものは私の足元に繋がっていたのです。はい・・・私避けたつもりだったのですが、エレベーターの中の血痕を踏んだみたいなのです~。
最初に頭をよぎったのは「気持ち悪いから早く拭き取るか洗いたい」だったのですが・・・何か事件だったとしたら隠蔽したみたいで嫌だな・・・と。動揺した頭のまましばらくおろおろとしていたのですが、結局何もわからないことが嫌だったので管轄の警察に電話することにしました。通報ではなく何か事件があったのか知りませんか?と・・・。
調べてかけ直してくれると言われたのですが、結局うちのマンションから通報はされてなかったらしく近くの交番の人を行かせるからということでした。
少し待っていたらピンポ~ンと鳴ったので「あ、通報したのが私ってことになるから私のところに来たんだな」と出たら・・・「すみませ~ん、血痕をたどってきたらこちらにたどり着いたのですが・・・何かありましたか?」「私じゃありませ~~~~~~ん!!!!!(号泣)」
とりあえずそのままにしていたブーツを見せて「踏んでしまっていかにも私のところにたどり着いてるみたいだったので怖くて電話したんです~~~」と説明したら「あ、通報されたのは貴女だったんですか、わかりました~。もう靴の血痕とか拭き取ってかまいませんよ。お酒の臭いがかなりするのでもしかしたら酔っ払った方が怪我をしたのかもしれません」とのことでした。
やっぱり疑われてしまったことがショックで泣きたくなっておりました。最終的に警察から電話をもらったところ交番のおまわりさんが調べていたらいろんなお部屋から奥様たちが出てきて「何があったんですか?」と聞かれたらしいです。(そんなに気になっていたなら誰か通報してくれてもいいのに)
で、どなたかが「何時間か前に救急車が来てましたよ」と証言してくれたみたいで消防署に問い合わせたら確かにうちのマンションで救急車を呼んで運ばれた方がいらしたそうです。
・・・で、その方がエレベーターの中で吐血してしまったらしく・・・。
事件性はないので安心してください。と言われましたが、今度は夫に「どうせそのブーツは足のワイヤー対策で安く買ったものなんだから洗ったりしないですぐに袋に入れて縛っておきなさい。どんな病気なのかわからないから玄関も消毒しておけ」と・・・。夜中にお気に入りだったブーツを捨てて、玄関をアルコールで消毒して・・・。
何よりも自分が警察に電話をすることになったことや、血痕をたどったらうちだったこととかいろいろとショックなことが多すぎて今夜はしばらく落ち着けそうにありません(涙)
明日は父の手術に付き添うのに・・・早く寝たいのに寝られるのかなぁ・・・。くすん。
スポンサーサイト

| 日常 | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。