--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.11.25 21:08

本日、ミュウ3度目の入院です(涙)
昨日くらいから全然食事をしなくなったので連れていきました。
とりあえず浣腸をしてもらい、奥の処置室へ・・・。少し待ったら連れて帰れるだろうと思っていたのですが、先生のお話ではこう頻繁に詰まるようなら手術をしたらどうかということになりました・・・。正直なところ咄嗟に私の心の中には「絶対に嫌!!手術だけはダメ」っていう気持ちが湧き上がりました。でも・・・先生のお話を聞いているうちにどんどん気持ちが揺らぎました。今みたいに時々詰まって麻酔をかけて処置をするっていうのも実はリスクがあるということ。そして手術のリスクはもちろん感染症や腎不全などがあるものの、完治の可能性が高いということ。ミュウにとってのこれからの負担を考えれば手術した方がいいということでした。私はミュウの年齢が気になっていたのですが、それは全然関係ないとのことでした。基本的に外科手術が必要になる子は高齢が多いとのことなので・・・。
お医者さんは厳しいことも言いますが、何よりも動物が大好きというのが伝わってくる先生なので、「今のミュウちゃんにしている処置を何度もするのは私もつらいです」と言われて漸く覚悟を決めました。
待合室で同意書などの手続きを待っている間泣きそうになっていて、何度か名前を呼ばれていたのも気づきませんでした。でも・・・同意書に記入しようとしたら先生が走ってきて「先ほどの浣腸でお腹にたまっていた分は殆ど出ました!なので、今回はそのままにしましょう」と・・・!!
麻酔をかけずに出せるなら負担もそんなに大きくないのと、多分私の様子がおかしかったので心の準備をする時間をくれたのかもしれません。今晩一晩入院させて点滴を受けて明日迎えに行ってきます。下剤も今までのが効かなかったので変更するみたいです。
そして・・・次回また詰まったらその時は手術です。私も本当に覚悟をしなくちゃいけません。ミュウにとって何が一番なのかをじっくり考えようと思ってます。
スポンサーサイト

| ミュウ | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。