--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.02.06 20:33

何だか今週は忙しかったです。

結局4日の手術は延期となり・・・。どうも爪が伸びすぎていたらしく先生は今まで通ってたワイヤーを利用して他にも何本かつけたかったらしいのですが、伸びすぎてワイヤーも上に上がっていたので切るだけ切ってまた次回ということになりました。
・・・でもね、前回診てもらった時すでに伸びきっていたのはわかっていたはず。しかもその時予約したのが3週間先だったわけだからその間にさらに伸びるのはわかりきったことだと私は思うのですよ・・・。なのに伸びてるからダメって言われてちょっとムッとしました。だったらこの3週間長くなった爪を折らないようにと苦しい思いをしてきたのは何だったの?って。それなら前回切ってもらっていれば、3週間生活も楽だったし、今回手術もできたかもしれないのに・・・って思ったのですが、さすがに文句も言えないので黙っていましたけど。
というわけで今は両足ともワイヤーがない状態です。
あ、左足はだいぶ開いたので一度ワイヤーはずしてこのまま巻かずに伸びるようならもうワイヤーはしないみたいです。なので今は両足ともに何もないけど・・・何だか腑に落ちない気持ちでした。

今日は薬がなくなったので、朝一番に予約を取って出勤する夫に送ってもらって病院へ。
先生とあれこれ話していたのですが、ミュウの話になって・・・。ミュウが死んだことを話したら先生の方が元気なくなってしまいました。どうやら先生は犬を飼っているらしく「うちの子が死んだことを考えただけで凹むんですよ」と・・・。うん、その気持ちはわかるんだけどね・・・でも・・・。先生、あなたはペットロスの患者も抱えてる心療内科の先生ですよね!?と心の中で呟いてきました(苦笑)
やっぱりミュウの亡くなった時の話は今でもつらいです。あの救急病院に連れて行った時、すでに心臓が止まっているからと心臓マッサージを受けている姿・・・そして先生がマッサージをしながら「可能性としてこの子が蘇生するのは1%未満です。飼い主さんが望まれるのでしたら私たちは心臓マッサージを続けますが・・・どうなさいますか?」と聞いてきた時の決断しなければいけなかった・・・あの時の気持ち。死亡確認のあとすぐに綺麗にしてくれると言われたのを待ってもらってベッドの上のミュウを抱きしめて泣いたこと・・・。
先生に話しながらやっぱり泣いてしまいました。
最近では大好きだった猫ブログのレナ社長が亡くなったこともあってやっぱり哀しいです。
・・・でも普段は泣いてないんですけどね。当たり前のように出かける時もミュウに「じゃあ、買い物行ってくるからね♪」と声かけていくし、テレビでミュウと同じ柄の猫を見ては「同じ柄でもミュウの方が可愛い」と口にしてしまうし(苦笑)
多分ダメなのはあの最期を思う時、そして通いなれた病院の前を通る時、あとは・・・ミュウの部屋を片付けようと思っているのですが・・・まだ入れないくらいかな?

そんなことをしながらも弟からは赤ちゃんの写メが届くのでそれを見ては目をハートマークにさせてかわい~~~いと騒いでいるのですが(笑)まだ保育器の中にいるのですが・・・早く出てきて退院して・・・こっちに帰ってこないかな・・・と、対面できる日を待っているのでした。きっとしばらくは伯母ばかっぷりを発揮してると思います(笑)
スポンサーサイト

| 日常 | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。