--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2011.01.13 23:52

今日大学の同級生の訃報が…。
夜になり、夫が帰ってきて友達に連絡して詳しい話を聞いた。病死でも事故死でもなかった。
物静かな人だった。特別に仲がよかったわけではなく、クラスの仲がいいみんなで集まる時に私も彼も仲間にいたというだけ。もちろん会えば挨拶はするけど1対1で話すこともほとんどなくて。隣りのクラスの女の子たちからは「いつも爽やかで王子様みたい」と言われてこっそり人気があった人。飲み会で酔った友達が絡むと困ったように笑う人だった。10年くらい会ってなかったので彼に何があったのかは私にはわからない。夫も同じく仲間として一緒にはいたけれど個人的に仲よくしていたわけではないけれど、それでもショックを受けていた。
正直なところ、ここ数年友達同士で集まれば思い出話の中に彼の名前が出てくることはあっても、私が普段生活していて彼のことを思い出すことはほとんどなかった。なのに、訃報を聞いてから彼の困ったような笑顔が頭から離れてくれなくなってしまった。哀しくて悔しい気持ちでいっぱい。

夫が友達と電話している間に私の携帯が鳴り、見たら大学の友達からだった。彼女は仲がよかった女子6人組の1人だった子で。5年ぶりくらいの電話。隣りの県に住んでいるのだけど、仕事を辞めて時間ができたので来週会いに来るという連絡だった。「仙台のみんなは元気?」と聞かれたので仙台チームのみんなの状況と彼の話も伝えたけれど…どうして彼女が久しぶりに連絡してきたのが今日だったのだろう?
それでも会うのは8年ぶりくらいなので、来週が楽しみになり少しだけ気持ちは浮上してきたけれど。
彼女からの伝言もあり、さらに大学の時の友達(夫が電話していた友達の奥様)に電話して声を聞いて…。

その後の食卓は夫と2人言葉少なくなってしまった。

珍しく、そして思いがけずに大学時代の友達と連絡を取り合ったそんな一日。
スポンサーサイト

| 日常 | コメント(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。